お知らせNEWS

オークネット、フルクラウド化を機に運用監視のアウトソースを開始 スカイ365の運用監視サービス「SkyCoodle for AWS」を採用

株式会社テラスカイ(東京都中央区、代表取締役CEO:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)とテラスカイのグループ会社、株式会社スカイ365(北海道札幌市、代表取締役社長:小泉 信義、以下スカイ365)は、株式会社オークネット(東京都港区、代表取締役会長CEO:藤崎 清孝 代表取締役社長COO:藤崎 慎一郎、以下オークネット)が、スカイ365のAWS運用監視サービス「SkyCoodle for AWS(スカイクードル フォー AWS)」を採用し、運用監視のアウトソースを20221月から部分的に開始したことを発表します。オークネットは、ITインフラの「フルクラウド化」を進め、同時に大部分の運用監視をスカイ365にアウトソース化する計画です。オークネットでは、フルクラウド化と運用監視アウトソーシングを推進することで、社内開発チームのリソースを、ビジネス価値を高めるシステム企画と開発に注力していきます。

 

【オークネットのフルクラウド化プロジェクトについて】

オークネットでは、オークションサービスの開始当初は、システム基盤はオンプレミスで構築、近年では仮想化技術を活用しプライベートクラウド化を実施していました。現在は、システム基盤全体をパブリッククラウド上へ移行する「フルクラウド化プロジェクト」を推進中です。これにより、ITインフラの構築や、その運用監視にかかるコストを削減させ、ビジネスの俊敏性を高めることを目的としています。2022年度中にはクラウド移行を完成させる目標です。

 

【クラウドメリットを最大化する運用監視アウトソース】

オークネットでは各種システムの運用監視は、自社内で対応してきました。サービス特性上、24時間365日での監視が必要であり、運用業務の一部は夜間実施もおこない、業務負担が大きいことが課題となっていました。

オークネットでは、運用監視に関わるリソースの削減に向けて、フルクラウド化と同時に運用監視のアウトソースを計画しました。アウトソースによって、社内の開発チームのリソースで約20%費やしていた運用監視コストを、約5%にすることを目標に「SkyCoodle for AWS」を採用しました。

 

運用監視のアウトソース化に期待するメリット

・運用監視コストの削減

・自社の開発リソースを、DX推進に関わる開発に注力し、

 コストセンターからプロフィットセンターへと移行できる

スカイ365では、「SkyCoodle for AWS」において、オークネット専任の担当者を割り当てるのではなく、スカイ365が複数社に提供しているAWS運用監視の仕組みとノウハウを活用する「シェア型」サービスを提供しています。オークネットでは、専任型と比較しコストを大きく下げられること、更に蓄積されたノウハウがオークネットに還元できることを評価ポイントとしています。

 

SkyCoodle for AWS

SkyCoodle for AWS」は、スカイ365のプロフェッショナルスタッフがAWS環境に対する24時間365日対応の運用監視を、ユーザーに代わって実施するサービスです。インフラシステムの障害や性能の監視に加え、障害発生時の一次切り分けや復旧対応、定期的なレポーティングといった内容に加え、主要データのバックアップ/リストア、ユーザーごとのユースケースに応じたシステムの運用監視、サービスデスク対応といった業務運用領域までをサポートする包括的なサービスです。

https://www.sky365.co.jp/service/skycoodle_aws.html

 

<株式会社スカイ365について>

スカイ365は24時間365日有人での運用監視環境を備え、セキュリティを強化した専用スペース、状況が一目でわかる大型コンソール、無停電装置を含めた多重のネットワーク環境による障害対応、自動化されたオペレーションシステムなど最新の設備で、様々なクラウドサービスの監視運用をサポートしております。

住所:北海道札幌市北区北7条西1丁目1-5

代表者:代表取締役社長 小泉 信義

U R L :https://www.sky365.co.jp/


<株式会社テラスカイについて>

テラスカイは、クラウド創成期からクラウドに取り組んできたリーディングカンパニーです。2006年の設立以来、クラウド時代の到来をいちはやく捉え、株式会社セールスフォース・ジャパンのコンサルティングパートナーとして、導入・普及に取り組んできました。導入実績は金融、保険業界をはじめ医療、サービスなど業界を問わず5,000件を超え、日本のコンサルティングパートナーではトップクラスの導入実績数を誇っています。また、多くの実績から得られた知見を基に、開発効率を飛躍的に改善するクラウドサービスの開発・提供を行っています。

所在地:東京都中央区日本橋211-2  太陽生命日本橋ビル 16

設立:20063

資本金:121,795万円(20212月末時点)

代表者:代表取締役社長 佐藤 秀哉

U R L : https://www.terrasky.co.jp/

証券コード:3915 (東証プライム)

  • 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
     

--- 本件に関するお問い合わせ先 ---

株式会社スカイ365 管理部

担当:高橋  TEL:011-727-0365 / mail : ntakahashi@sky365.co.jp

株式会社テラスカイ 経営企画本部 マーケティング・コミュニケーション部

担当:堤  TEL03-5255-3410 / mail : pr@terrasky.co.jp

NTTテクノクロス株式会社との代理店契約によりセキュリティサービスを販売開始

株式会社スカイ365(本社:札幌市北区 代表取締役社長:小泉 信義、以下スカイ365)は20224月にNTTテクノクロス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:桑名 栄二、以下NTTテクノクロス)が販売するセキュリティソリューション「TrustBind/Cloud Daemon」の代理店契約を締結し、販売を開始いたします。また、NTTテクノクロスのクラウドWAF(Web Application Firewall)サービスである「TrustShelter/WAF」についても販売を開始し、セキュリティサービスを拡充いたします。

  

企業ではDX化やテレワーク推進の背景にオンプレからパブリッククラウドへの移行が加速しており、同時にクラウドセキュリティのニーズも高まっております。スカイ365は運用代行サービスとクラウド利用ユーザの不適切な行動を検知して可視化するTrustBind/Cloud DaemonTrustShelter/WAFを提供する事により、セキュリティ面でもより安心・安全なクラウド活用を支援します。

■TrustBind/Cloud Daemon

TrustBind/Cloud Daemonは、クラウドサービスのアクセスログを収集・分析して利用者の行動を可視化するクラウド可視化ソリューションです。利用状況をリアルタイムに分析することで、不適切なアクセスやリスクのある行動をいち早く発見する監視運用を実現することが可能です。

特徴 内容
セキュリティ運用を効率化 膨大なログを直接分析することなく、大量のファイルダウンロードなどの不適切な行動をいち早く検知することが可能です。またメール通知やレポート作成などの機能でも運用の効率化をサポートいたします。
導入が容易 プロキシサーバの追加や、エージェントのインストールは不要。現在ご利用のプロキシサーバのアクセスログが取得できれば、すぐにトライアルが可能です。
柔軟なカスタマイズ性 BIツールを使ったレポートやダッシュボードはお客様に合わせてカスタマイズが可能。セキュリティ運用以外にも、収集したログからさまざまな利用統計分析を行うことができます。

https://www.ntt-tx.co.jp/products/trustbind/cd/

■TrustShelter/WAF

TrustShelter/WAFはNTTテクノクロスが提供するクラウドWAFサービスです。脆弱性攻撃対策などのWAFが持つ機能に加えて、DDoS攻撃対策、不正ログイン対策、CDN、ロードバランシングなどWebサイトに必要なセキュリティ機能をオールインワンでご提供致します。

https://www.ntt-tx.co.jp/products/trustshelter/waf/

■今後の展望

スカイ365はセキュリティサービスの販売を機に、セキュリティアラートの電話通知や固定運用等のセキュリティ運用のサービス提供を検討しております。今後はクラウドの運用代行に加えて、クラウドに関わるセキュリティ運用のサービス化を目指すとともに、NTTテクノクロスとの連携をより一層強化する方針です。

 

◆株式会社スカイ365

スカイ365は24時間365日有人での運用監視環境を備え、セキュリティを強化した専用スペース、状況が一目でわかる大型コンソール、無停電装置を含めた多重のネットワーク環境による障害対応、自動化されたオペレーションシステムなど最新の設備で、様々なクラウドサービスの監視運用をサポートしております。

住所:北海道札幌市北区北7条西1丁目1-5
代表取締役社長:小泉 信義
https://www.sky365.co.jp/

 

NTTテクノクロス株式会社

NTTテクノクロスは、NTT研究所の先端技術を軸として、世の中の優れた技術やサービスを掛け合わせ、「まじわる力で みらいを創る」ソフトウェア開発企業です。お客様の真の課題をともに追究し、コンサルティングから設計、システム開発、運用・保守までをトータルでサポートします。

住所:東京都港区芝浦3-4-1 グランパークタワー
代表取締役社長:桑名 栄二
https://www.ntt-tx.co.jp/

 

※記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

【お問い合せ先】

株式会社スカイ365 管理部 高橋
電話:011-727-0365  
E-mailntakahashi@sky365.co.jp

 

NTTテクノクロス株式会社 経営企画部広報室
電話:045-212-7273  
問い合わせフォーム:https://ntt-tx.macld.net/member_web/enqueteAnswer/?ID=press

マルチクラウドに対応したSaaS型監視・運用代行サービスSkyCoodleを販売開始

創業時からクラウドに特化した監視・運用代行サービスを提供する株式会社スカイ365(本社:札幌市北区 代表取締役社長:小泉 信義、以下スカイ365)はSaaS型のマルチクラウドに対応した監視・運用代行サービス「SkyCoodle」を202241日より開始いたします。

昨今、様々な業種・業界においてのクラウド利用が広がり、基幹システムや業務アプリケーション等の企業において重要なシステムでクラウドを選択するケースが増加しており、クラウド上のシステムにおける24時間365日の監視や運用の必要性が高まっております。また用途によって複数のクラウドを利用する等、クラウドの利用形態にも広がりが見られます。その一方で進化の早いクラウドの運用業務への追随や、複数クラウドの監視・運用の標準化等、運用業務が複雑化する傾向にもあり、クラウド化によって期待していたコスト削減や人的負荷の軽減に繋がらないケースも多数存在します。

 

スカイ365は創業以来、クラウドの監視運用に特化した事業を展開しており、近年ではマルチクラウドでの監視・運用を支援しております。これまでの実績やノウハウを幅広く提供し、お客様自らが監視運用可能とするDX時代のSaaS型のマルチクラウド監視・運用代行サービス「SkyCoodle」を販売開始する運びとなりました。

■サービスの特徴

■今後の展望
今後はサーバーレス環境やSaaSサービス等もSkyCoodleの監視・運用代行サービスとして提供できるよう、サービス開発を行います。またよりお客様にご利用頂きやすいよう、初期設定や設定変更、お客様でのメンテナンス時のアラートの静観連絡等をWeb上でお手続き可能なポータルを提供し、サービスを拡充させて参ります。

※記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

【お問い合せ先】

株式会社スカイ365 管理部 高橋

電話:011-727-0365  E-mailntakahashi@sky365.co.jp

iDoperation SCの導入事例に弊社が掲載されました

弊社が利用している画面操作録画ソフトウェアのiDoperation SCの導入事例がNTTテクノクロス株式会社のHPに掲載されました。iDoperation SCの活用による、セキュリティ品質の向上と業務効率化についてお話させて頂きました。

サービス提供を行う上でのセキュリティ強化の弊社の取り組みが紹介されておりますので、是非この機会にご一読下さい。

導入事例 :https://www.ntt-tx.co.jp/case/sky2203/

Apache Log4j の脆弱性対策について


弊社MSPサービスをご利用のお客様へ


平素は弊社サービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

Apache Log4jの脆弱性に関する弊社サービスへの影響調査並びに対応が完了しましたので、案内させていただきます。

弊社MSPサービスにおいては、本脆弱性の影響は受けない事を確認しておりますのでご安心下さい。

なお一部外部サービスをご利用のお客様においては、対応が必要になりますので、個別でご連絡しております。


本内容についてご不明な点がございましたらスカイ365サポート窓口よりお問い合わせください。